キャバ嬢ハンター協会

店外デートでキャバ嬢の好感度を上げる方法

time 2018/02/20

店外デートでキャバ嬢の好感度を上げる方法

キャバ嬢とセックスするには

①キャバクラで好感度を上げる
②店外デートでさらに好感度を上げる
③ホテルへGO

この流れが鉄板だ。

今日は②について熱弁する。

 

私は「このキャバ嬢とヤリたい!」

と思うと必ず店外デートに誘う。

自ら率先して「今度同伴しようよ♪ 美味しい和食あるからさ♪」と爽やかに。

以前の記事(キャバ嬢に ”嫌われる男”・”好かれる男”)でも述べたが、

同伴は誘われる前にみずから誘え!

が鉄則だ。

 

店外デートで飲食店に行くと、キャバ嬢と同伴らしき男をよく見かける。

そして思う。

終わってる男が多すぎる!

終わってる男

酒をガンガンキャバ嬢に飲ませる男

「ここのお店、レアな日本酒がたくさん揃ってるんだよね♪」
「今日はたくさん飲もう!」
「一升空いたらお店(キャバクラ)に移動するからさ(笑)」
といって日本酒をキャバ嬢のオチョコにガンガン注ぐ男がいる。

「この後、深夜までこっちは仕事なんだよ!」
「ここで酒に金使うなら、キャバクラで金使えや!」
ってキャバ嬢は思う。

酒のウンチクを語る男

「この日本酒、年に100本しか出回らないって知ってた?」
「しかもこの日本酒、米の回りを23%まで極限に磨いてるんだよ!」
「繊細な味わいで、上品な香りと旨味を感じられるよ♪」

みたいなウンチクをカッコよく語る男がいる。

「どーでもええー!」
「飯はまだか!?」
「夜の戦(キャバクラの仕事)に備えて腹ごしらえしたいんじゃ!」
ってキャバ嬢は思う。

店員に上から目線の男

「さっき頼んだ料理まだ? 15分も待ってるんだけど?」
とか
「親方は料理人始めて何年目? なかなか美味しいじゃん。」

みたいな男がいる。

「お前何様だよ!」
「プロの職人に対して失礼だろ!」
「一緒にいるのマジ恥ずかしいわ~」
とキャバ嬢は思っている。

テーブルマナーの汚い男

・おしぼりで顔をふく
・おしぼりを畳まないでグシャグシャに置く
・口を開けてクチャクチャ料理を食べる
・タバコの火をつけたまま料理を食べる

そんな男がいる。

「お前どんな酷い教育受けてきたんだよ!」
「小汚い男だな!」
とキャバ嬢は思っている。

イケてる男

キャバ嬢にお酒を無理強いしない男

この後、仕事(キャバクラ)で遅くまで大変だよね?
「無理して飲まないでね♪」
「その分、好きな料理食べてね♪」
と私は言う。

するとキャバ嬢は

「お気遣いありがと♪」
「真さん優しいですね♡」
「けど日本酒大好きなのでいただきます♪」
と言い、ノリノリで飲み始める。

お酒と料理の相性を語る男

私はよくキャバ嬢から

「真さんはどんなお酒が好きなんですか~?」
と聞かれる。

なので私は

「ん~ お酒は何でも好きなんだけど~」
出てくる料理と相性のいいお酒が好きかな♪
と答える。

するとキャバ嬢は

「じゃあこれから来る銀だらの西京焼きにはどんなお酒が合うかな?」
と聞いてくる。

私は

甘味のある魚だから、甘味のある日本酒とか、あっさり系の白ワインも合うんじゃないかな?
「そうだ! 親方に聞いてみよう♪」
「親方! これからくる銀だらにはどんなお酒が合いますか?」
すると親方は

「日本酒だったら○○。白ワインだったら〇〇が合うと思いますよ♪」
と笑顔で答えてくれる。

この瞬間キャバ嬢は

「料理との相性を考えてお酒を選ぶなんて… できる男だぞ…」
「しかも素直に親方に聞くなんて… 謙虚で素敵だぞ♡」
と思う。

店員に対して紳士的な男

頼んだ料理がなかなか来ない時、私は言う。

さっき頼んだ料理なんですけど、もう少しかかりそうですか?
とスマートに。

すると店員さは

「大変失礼しました>< もう少しかかるので少々お待ち下さい!」
と申し訳なさそうに言う。

ラッキーな時は

「よかったら、このポテサラも召し上がって下さい。お店からのサービスです♪」

なんてこともある。

料理が美味しかった時、私は言う。

親方…  この銀だら、最高に美味しいです♪ 幸せです。
と気持ちを素直に伝える。

すると親方は

「恐縮です。いつも通りの仕事をするだけですから。」
「今は秋刀魚の季節ですので、お刺身もオススメですよ♪」
と気の利いた提案をしてくれたりする。

そんなやり取りを見てキャバ嬢は思う。

「真さん、素直でマジ紳士…」
「素敵だぞ♡」

テーブルマナーが綺麗な男

初のキャバ嬢と店外デート。

店内で出会った瞬間、脂汗が顔から噴き出す。

おしぼりでゴシゴシゴシ。

なんて事は死んでもしない。

「ちょっとお手洗い行ってくるね♪」
と私は席を立ち、あぶら取り紙で顔をふく。

店員からおしぼりを差し出されたらサッと手を拭き、丁寧に畳んで横に置く。

食べ物は少しずつ口に運び、キチンと飲み込んでから会話する。

タバコを吸わないキャバ嬢の場合は

「ちょっと外で吸ってくるね♪」
と言う。

するとキャバ嬢は

「お店が禁煙じゃないんだから吸っても大丈夫だよ♪」
と言う。

私は

「いやいや。周りのお客さんにも迷惑だから外で吸ってくるよ♪」
と席を立つ。

キャバ嬢は思う

「真さん…  マナーわかってて育ち良さそう♪」
「しかも思いやりもあって素敵♡」

まとめ

このように好感度ポイントを貯めていくことで、キャバ嬢は心を開いていく…

そして股も開いていく

down

コメントする